婦人科の診療内容

ホーム > 婦人科> 婦人科の診療内容

婦人科のご案内

女性には月経、妊娠、更年期など独特の生理現象が起こります。病気というより日常的な現象と考えてよいものです。「婦人科疾患」と言っても、あまり難しく考える必要はありません。女性特有の症状で悩んでおられる方であれば、年齢に関係なく来ていただいて構いません。
私たちは、それぞれの年代において女性が健やかに輝けるようサポートいたします。


婦人科の診療内容

婦人科一般外来

婦人科全般の診療をいたします。
下記の症状に心当たりがありましたら、お気軽にご相談ください。ご相談後、患者さんに合わせた治療をおすすめしております。
手術が必要な方はすみやかにご紹介いたします。

  • ●月経異常(量が多い、少ない、不順、月経痛がひどい、月経がこない、血のかたまりが出る)
  • ●不正出血(月経以外の出血)
  • ●陰部がかゆい
  • ●陰部にできものができた
  • ●おりものが多い、おりものの匂いが気になる
  • ●下腹痛
  • ●月経をずらしたい
  • ●排尿時痛・残尿感、尿回数が多い
  • ●卵巣がはれているといわれた
  • ●子宮筋腫といわれた

更年期外来

卵巣の機能が衰え、女性ホルモンの分泌が低下することによって、さまざまな不快な症状が現れます。
症状や程度は、人によってさまざまです。まったく感じない人もいますが、80%の女性が更年期症状を経験するといわれています。症状が強い場合には、サプリメントや漢方、またホルモン療法などを行います。また女性ホルモンは、骨量や脂質代謝と密接な関係がありますから、女性ホルモンの低下によって骨粗鬆症やメタボリックシンドロームなどの病気も大変おこりやすくなります。定期的な健診をうけ、早めの予防と治療を心がけましょう。

女性ホルモンが急激に減少するために、
ほてり、のぼせ、肩こり、頭痛、不眠、発汗、イライラ、憂うつ、やる気がない等の症状が現れます。
気分が落ち込む時には、カウンセリングなどを受けてみるのも良いでしょう。

思春期外来

女性の身体で最初に迎える大きな変化は思春期です。それ以後も女性の身体はホルモンの変化で大きく左右されます。
また、それがストレスの原因になることもありますから自分の身体を理解して、適した治療を受けることも必要です。

●生理不順や月経困難、生理前にイライラしたり落ち込んだり、頭痛がしたり、むくんだりなどのPMS(生理前症候群)でお悩みの方はぜひご相談下さい。

乳がん・子宮がん検診

乳がんと子宮がんは、女性であれば誰でもなる可能性のあるがんであり、罹患率はともに、がんの中で上位に位置しています。
しかし、定期的に健診を受けることで、がんになる前、あるいはがんの初期の段階で発見できる可能性が高く、非常に重要な検診となっております。
乳がんと子宮がんからあなたを守るために1年に1回は受診をしましょう。

●乳がん検診 触診によって行います。
●子宮がん検診 子宮頸部がん検診は、子宮頸部を綿棒でこすって細胞をとり、スライドガラスに塗りつけて顕微鏡で異常がないかどうかを調べます。子宮体部検診は、点滴から麻酔(静脈麻酔)をして、子宮の奥の細胞をとり、顕微鏡で調べます。

ブライダルチェック

ブライダルチェックとは、結婚を控えている女性を対象にした婦人科検診のことで、肝炎・HIV(エイズ)・クラミジア・カンジタ・梅毒をはじめとする感染症や子宮がん・卵巣腫瘍など、妊娠や分娩に影響を与える病気の有無をあらかじめチェックする目的で行います。

●子宮がん・乳がん検診 ●ホルモン検査 ●性感染症検査 ●血液一般検査 など

バースプラン・生み分け法

患者さんの理想とする家族設計をお手伝いします。あくまで、ご妊娠・ご出産を目的とする場合にのみ行っています。
患者さんに合った生み分け方法を、タイミング法、基礎体温の指導、超音波検査、リンカル錠の内服、ゼリー等の使用を含めてアドバイスさせていただきます。気軽にご相談ください。
ご希望通りの性別でない場合、中絶をお考えの生み分けでしたらお断り致します。

男女生み分けの方法としてピンクゼリー・グリーンゼリーの使用、精液処理法があります。
自然な夫婦生活の妊娠よりも若干高くなります。基礎体温表をつけていただくと、タイミングがうまく予測できます。