沖縄県中頭郡北谷町のやびく産婦人科・小児科は、安心・安全なお産、健康を見守り続けて参ります。

お問い合わせ

不妊外来のご案内 Information on infertility outpatient

不妊でお悩みの方、まずは不妊外来でお話してみませんか?近年、不妊症治療も大きく様変わりしてまいりました。
そのような中当クリニックでは、患者様との充分なコミュニケーションのもとに、患者様の身体的・経済的な観点からできるだけ自然に近い形で妊娠できるように治療を開始しております。

診療時間

不妊外来

9:00~12:00
14:00~18:00 新川 新川 新川 新川 新川 新川

※祝日の診療時間は12:00(正午)迄となっております。
※変更ある場合には、「当クリニックからのお知らせ」に案内致します。

保存凍結胚の目的とメリット Purpose and merit of preserved frozen embryos

余剰胚の有効利用

1回の採卵で多くの受精卵が得られても、移植する胚以外は余剰胚となります。余剰胚でかつ良好な胚を凍結保存することで、 1回目の移植で妊娠に至らなかった場合や、1回目の移植での妊娠・分娩後に第2子を希望する場合に、凍結胚を融解して胚移植を受けることができるようになります。
採卵を繰り返す事なく複数回の胚移植が実施できる事で、経済的・身体的負担が軽減されます。

着床のタイミング

採卵の際、一度にたくさんの卵子を成長させる目的で排卵誘発剤を投与しますが、子宮内膜と胚の発育のタイミングがずれ、着床に障害を及ぼす場合があります。胚を凍結保存することにより、自然周期またはホルモン補充周期の着床環境が改善された時期をみながら、タイミング良く融解胚を移植することができます。

卵巣過剰刺激症候群の予防

排卵誘発剤を投与する場合、卵巣の反応の仕方によっては、卵巣が腫れたり腹水、さらに胸水が溜まる重篤な副作用を発症する場合があり、妊娠することで症状が悪化する危険があります。卵巣過剰刺激症候群(OHSS)の発症が予想される場合に、胚を全て凍結保存し、別の周期に移植することで、過剰刺激症候群(OHSS)を予防します。

保存凍結胚のお手続きについて

・保存凍結をご希望の方は、採卵時にご説明と同意書への記入をお願いしております。
・保存凍結には、保管料等が発生致します。
・保存期間は1年間で、更新も可能です。